• HOME  >  
  • 全て  >  
  • おひとりさまの最期

おひとりさまの最期

ベストセラー『おひとりさまの老後』から8年。
その後、おひとりさまは増える一方です。
著者も親しかった友人の死を身近に経験して、
「そうか、死は遠くにあるんじゃなくて、隣にあるんだ」
…という気持ちになりました。
そして「次はいよいよ私の番だ! 」。
ではおひとりさまの私は
どのように住み慣れた家での「在宅死」ができるのか?
ひとりで死んでも「孤独死」とは呼ばれたくない。
……当事者の切実な問いをたずさえて、
医療・介護・看護の現場で疑問をなげかけながら、
体当たりの取材を積み重ねました。
死の臨床の常識は変わり、従来の介護を支える家族は、
どうも当てにならないことが実態のようです。
本書は「在宅ひとり死」を可能にする
現実的な必要条件を多方面に取材し、
研究した超高齢社会の必読書です。
「在宅ひとり死」のおススメの本です。

(下記サイト参照です)

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%9C%9F-%E4%B8%8A%E9%87%8E%E5%8D%83%E9%B6%B4%E5%AD%90/dp/402251325X

5
ページトップへ