• HOME  >  
  • 全て  >  
  • 多様な食事が認知症リスクを低減させる

多様な食事が認知症リスクを低減させる

日々の食事で多様な品目の食品をバランスよく食べている人は、そうではない人に比べ、認知症につながる認知機能が低下する危険性が約4割低いことが、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)の調査で分かった。多様な栄養素や食に関する行動が、脳に好影響を与えている可能性があるという。日本老年医学会英文誌に発表した。

(下記サイトより)

http://mainichi.jp/articles/20161017/k00/00e/040/155000c

5
ページトップへ