• HOME  >  
  • 全て  >  
  • おひとりさまOK!京のおふくろの味「おばんざい」晩ご飯

おひとりさまOK!京のおふくろの味「おばんざい」晩ご飯

中央「地鶏と生麩のべっこう煮」(880円・税込み)ほか多彩な「あおい」のおばんざい

  • 笑顔のチャーミングな中村さんと小川さんが気さくに迎えてくれる

  • 京都きっての繁華街・木屋町の隠れ家的な一軒

  • 昔ながらの雰囲気が魅力の「京のおばんざい わらじ亭」

  • わらじ亭自慢の「おから」(540円・税込み)は長年受け継がれてきた味

  • 好みのおばんざいで一人ごはんや一人飲みもオツなもの

[PR]

 「おばんざい」とは、京都の一般家庭で親しまれているお総菜のこと。料亭や割烹(かっぽう)が京都の「ハレ」の日のごちそうなら、おばんざいは「ケ(日常)」の味。気取らないレシピながらも、京野菜や麩(ふ)などの京都の食材を取り入れ、だしのうまみを生かした品々には、京都らしさがにじみ出ています。

 

 女性一人でも気軽に入れるおばんざいのお店がこちらの「あおい」。居酒屋や割烹が立ち並ぶ木屋町の路地奥にあり、女性2人で店を切り盛りする中村さんと小川さんがあたたかく迎えてくれます。カウンターには、煮ものや和(あ)えものから、おいなりさんやサバ寿司(ずし)などのご飯ものまで、多彩な味わいのおばんざいがずらり。素朴な献立ながらも、京都の名物・生麩(なまふ)を使ったり、バジルやセロリなどのひとクセある食材で定番料理にアクセントを加えたりと、家庭料理の一歩上をいく味わいに仕上がっています。明るい笑顔の2人とおしゃべりしながらの食事は、一人でも、カップルやグループで訪れても思い出深い夜になりそうです。

 

【あおい】
075-252-5649
京都市中京区東木屋町三条下ル材木町181-2ニュー京都ビル1F奥
17:00〜23:00
月曜定休、日曜不定休
三条京阪駅(地下鉄)/三条駅(京阪電車)から徒歩5分

 

 公演や撮影のため京都を訪れた役者さんも通う、隠れたおばんざいの名店が「京のおばんざい わらじ亭」。昔ながらの素朴なたたずまいの店内には、カウンターに約25種類ものおばんざいが並び、有名人がキープしたボトルも多数置かれています。名物の「しめさば」は、提供する前にさっとかけてくれる特製の三杯酢があとを引くおいしさ。ほかにも、長年受け継がれてきたレシピで作るおからや、丸大根の炊いたん(京ことばで煮物のこと)、京野菜や湯葉などを使った品など、定番から季節の味まで京都のおばんざいの真髄(しんずい)を味わえます。

 

【京のおばんざい わらじ亭】
075-801-9685
京都市中京区壬生東大竹町14
17:00〜22:30
日曜、祝日
西大路三条駅(嵐電)/市バス西大路三条から徒歩3分

 

 大鉢に盛り付けられたおばんざいから、好みの品を注文し、カウンターで楽しむひと時。店主や隣合わせたお客さんと言葉を交わすのも、おばんざい店ならではの醍醐味です。お気に入りのおばんざいを見つけたら、家庭でも作ってみてはいかがでしょう。

(文/大橋知沙)

(下記サイトより)

http://www.asahi.com/and_travel/articles/SDI2017030908501.html

1
ページトップへ