• HOME  >  
  • 全て  >  
  • 女子が選ぶ、一番ハードル高い「おひとりさま」は、やっぱり例のあの場所!

女子が選ぶ、一番ハードル高い「おひとりさま」は、やっぱり例のあの場所!

もはや、ひとりで行動する女子、通称「おひとりさま女子」はまったく珍しくもなんともない、ごくごく普通のことになりました。
もちろんみんなで行くのも楽しいけれど、たまにはひとりでじっくり楽しむのもオツなもの。
そんな「女子のおひとりさま行動」について、18~35歳の『CanCam』読者の女性116名に調査した結果を発表します。

 

 

まずはこんな調査からスタート。

Q.ひとりで行動するのは、好きですか?

 

 

大好き♡ 41%
好き! 45%
どちらでもない 9%
苦手 2%
極力ひとりはイヤ 3%

9割近い女性たちが「好き!」と回答しました。最も行きやすいであろう「ひとりカフェ」は94%が、「行ったことがある」と回答。他にも「ひとり映画館」は62.9%が、「ひとりカラオケ」は41.4%が、そして「ひとり旅」も33.6%が「経験あります!」と答えており、かなりおひとりさまスキルが高い女性が多いと考えられます。

そんな「ひとり行動が好き」な女性たちが思う、「自分には、ひとりで行くのは無理だ……と一番思うスポットランキング」を見ていきましょう!

5位 ひとり居酒屋 5.1%

(c)Shutterstock

「ひとりで行ってもどうしようか悩む」「人と来ている人が多い……」という声が集まった居酒屋が5位。

しかし、経験者の方によると、「カウンター席に座ると意外と仲良くなれる」「居酒屋で読書したり周りのおじさんの話を聞いたり、とっても充実した時間を過ごせました!」と案外楽しいようです。

4位 ひとり遊園地 11.2%

 

 

「ひとりで入るとさびしい……」という声が集まり4位になった遊園地。経験したことがある方も3%程度と少なめ。
でも、「平日の空いている遊園地に行ってアトラクションに乗りまくると意外とストレス解消になる」という声もありました。おひとりさま女子、強し。

3位 ひとり海外旅行 16.4%

(c)Shutterstock

海外にひとりで行くというのはなかなか大変。言葉の通じない国で何かがあってもひとりでどうにかしなければいけません。
けれど意外と9.5%の女性が「ひとり海外旅行」を経験済みなんです。
経験者の声を聞いてみると、「おひとり様海外旅行は現地の方々と仲良くなれるので好き!」「自分のペースで行きたいところに行き、楽しめる」とのことでした。

2位 ひとり高級レストラン 22.4%

(c)Shutterstock

確かにカップルで来ている人や、なんらかの記念日で家族・友人同士で来ている人が多い高級レストラン。ひとりではなかなか入りづらいのもわかります。

しかし、こんな経験者の声も。

「新宿の割烹料理屋さんでごはんをひとりで食べていたら、女将さんが気にかけてあれこれサービスしてくださった。ただ単に和食が食べたかっただけなので気にしていなかったものの、待ち合わせをばっくれられたと思われたそうです……申し訳ない……。プリン美味しかったです!」

もちろんサービス目当てで行くというのはアレですが、ときにはそんなラッキーなこともあるみたいです♪

さて、気になる1位は……。

1位 ひとりディズニーランド 37.1%

(c)Shutterstock

見事「いちばんハードル高い」に選ばれたのは「ひとりディズニー」。
「ほとんどの人が誰かと来ているのでひとりだと気まずそう」「視線が痛そう」という声が集まりました。
ですが、こちらもこんな経験者の声が登場。

「ひとりディズニーは難しいと思っていたけれど、1度やってみたら、アトラクションには乗らずに同じショーを3回観たり、ミッキーやミニー、ドナルドとのグリーティング施設をグルグルしたり、1人の楽しさが忘れられなくなり、2回めもやりました」

そんな回答もあったので、意外とハードルはそこまで高くないかも。

確かに私の友人にも年間パスポートを持っている人たちは、「ちょっとひとりでお酒を飲みにディズニーに行く」など、かなり気軽にひとりディズニーしています。

意外と、「ハードルが高い」となんとなく思い込んでいるだけで、実はそうでもない場所ってたくさんあるのかもしれませんね。実際、「周囲の目が気になる……」と答えた場所でも、そもそも自分が普段、その場所におひとりさまの人がいるかどうかって、そこまで気にしていないように思えます。自分が気にしていないことは、他の人も気にしていないことが多いはず。「行ってみたい」と思ったら、臆せずどんどん行ってみましょう♪

次回、「ひとりで行ったことがある場所ランキング」「行けない……と思う人が多い場所ランキング」を紹介します。今回の「一番ハードルが高い」とは微妙に結果が異なるのも面白いポイント。お楽しみに!(後藤香織

(下記サイトより)

http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170225/Womaninsight_256607.html

3
ページトップへ