• HOME  >  
  • 全て  >  
  • 選択的未婚出産を阻む、2つの困難 七尾ゆず『おひとりさま出産』にみる多様な女性の生き方

選択的未婚出産を阻む、2つの困難 七尾ゆず『おひとりさま出産』にみる多様な女性の生き方

こんにちは、さにはにです。今月も漫画を通じて女性の生き方について考えるヒントを探したいと思います。よろしくお願いします。

 今回ご紹介するのは、七尾ゆず先生の『おひとりさま出産』(集英社クリエイティブ)です。2014年に第1巻、2015年に第2巻が発売され、現在『office YOU』にて好評連載中の本作は、年収200万円以下でひとり住まい、独身でアラフォーの漫画家ナナオが、「女のタイムリミット」と「子どもが欲しい」という葛藤の中で、未婚のまま妊娠・出産するというコミックエッセイです。

 子育てや妊娠・出産の経験を題材にした漫画作品は多いですが、本作の特徴は、「独身」「ワーキングプア」「ひとり住まい」など一般に「子育てには適さない」とされる環境に身を置きながら、「計画的」に子どもを持つ顛末が描かれている点にあります。主人公であるナナオは、その過程の中で世間の常識と戦いながら自分の考える子育て観を展開し、実践の道を探っていきます。ただならぬ苦労に満ちたエピソードが多く綴られるのですが、『のだめカンタービレ』(講談社)で有名な二ノ宮知子先生を彷彿とさせるシンプルながらしっかりとした画風とコミカルなタッチのせいか、危なげなく、楽しく読み続けることができる作品となっています。

 ナナオのように結婚をしないで子どもを持つ女性は、欧米ではそれほど珍しくありません。その大きな背景として、フランスの民事連帯契約(PACS)に代表されるように、「カップルで協力して妊娠出産子育てをしていて、法的な権利も持つけれど、結婚はしない」という選択肢を公的に認めるという社会設計を持つ国が近年一般化している点があげられます。また、「交際相手はいないが子どもは持ちたい」ということでドナーから精子の提供を受けて妊娠出産に至る「選択的シングルマザー」が最近増えてきている点を踏まえておく必要もありそうです。「選択的シングルマザー」は、現在ではアメリカに15万人はいるともいわれています。

 本作のナナオの場合、交際相手であるミウラとの間に子どもをもうけていて、ミウラ自身も父親として振る舞おうとしているところがありますので、父親が存在しない前提に立つ選択的シングルマザーとはいえなさそうです。しかし、借金を抱えていてほとんど家にいない、というか一体なにをしているのかもよくわからないミウラに経済的/実質的支援を期待できない点で欧米流の「非婚カップル」とも異なっています。養育全般の責任は母親が持つが父親との交流は保つというカップル関係を、結婚しないで作っていきたいというナナオの展望は周囲からなかなか理解されず、彼女はさまざまな困難にぶつかることになります。

おひとりさま出産を支えるパートナーとの親密性

 ひとつめの困難として挙げておきたいのは、「なぜミウラと結婚しない?」という母親からの問いです。

 ミウラの金銭感覚や自由な生き方、彼の親が持つ複雑な事情を理由に結婚を拒むナナオですが、母親にミウラを認めてもらおうと知恵を絞る姿やミウラに携帯電話をもたせたものの連絡がつかないことにやきもきする様子からは、彼に対して深い愛情を持っている姿が浮かび上がってくるように思います。ミウラの交際費や生活費は結局ナナオが負担しているという現状から内縁関係がすでに成立しているようにもみえますし、夫婦であっても生活費以外は連帯責任を問われないという法的前提も踏まえると、母親ならずとも「特に結婚を拒む理由もないのでは?」と言いたくなってしまう気持ちも理解できる気がします。

 本コラムでもたびたび紹介している、国立社会保障人口問題研究所の調査によれば、結婚の利点の評価は男女でばらつきはあるものの、基本的には同じ傾向を示しています。そこで挙げられているのは、上から順に、「子どもや家族を持てる」が男性33.6%、女性47.7%「精神的安らぎの場が得られる」が男性32.3%、29.7%、「親や周囲の期待に応えられる」が男性14.6%、女性19.1%となっています。

 しかし、本作でナナオが示しているように「子どもや家族を持つ」「精神的安らぎを得る」は結婚しなくとも得ることができます。本作の冒頭で挙げられている「金も要らなきゃ男も要らぬ 私はとにかく子が欲しい」という宣言は、「親や周囲の期待に応える」ことはしないが、子どもを持ち、安らぎの場を得たいというナナオなりの人生の優先順位が示されているといえるでしょう。

 「とにかく子が欲しい」ナナオですが、見ず知らずのドナーではなく実質的な夫ともいえる「ミウラの子がよい」、しかし「ミウラに父親/夫役割を期待できない」そして「そのことを肯定したい」というのが彼女の本音であり、ねじれです。彼女が「おひとりさま出産」を掲げるのは、このねじれを正当に解消する方法が「おひとりさま出産」に他ならないからでしょう。

 結婚と出産をめぐるさまざまな葛藤を取り上げる本作ですが、結婚ものの定番である「かけがえのない相手との愛情の証拠として結婚したい」というロマンティックな願望には潔いほど触れられません。「おひとりさま出産」を選ぶナナオに対して、従来の結婚観、家族のあり方や世間体を持ち出して反対する母親の描写はありますが、ロマンスにもとづいた結婚・出産のプロセスに対しての言及はみられないのです。ナナオは「それだけ好きな相手と出会えたんだから、結婚すればいいんじゃないの?」という容易に想像できる批判に対してどのように応えるのでしょか?

 実はこの要素は無視されているのではなく、こっそり入れ込まれているように感じられます。それを示すエピソードはたくさんあるのですが、そのひとつとして「仲間と一緒に1カ月ほど海外を回ってくる」と突然言いだしたミウラに対して「結婚しないのだから、好きなだけ自分探しをすればよい」と快く送り出すくだりを挙げておきましょう。

 このくだりからは、結婚をしていないからミウラの自由な生き方を肯定できる。子どもを持ったから自分の生き方を肯定できる。ナナオが掲げる人生には子どもを介してミウラが組み込まれていて、「結婚しない」ことで逆に彼と一緒にいることができるのだというナナオの決断を読み込むことができるのではないでしょうか。「おひとりさま出産」は結婚という制度から離れた人生を選択できるナナオの行動力に支えられているようにみえますが、実はミウラとナナオの親密な関係なくして成り立たない物語であるように感じられます。ナナオは幸いにもミウラに出会うことができましたが、そのような相手に恵まれること自体がかなりの幸運なのではないでしょうか。母親の問いは世間体を発端にしたものではありますが、ふたりの関係の根本を問うているともいえます。

いびつな社会制度に奮闘させられるナナオ

 もうひとつの困難としてあげておきたいのは、経済面です。貯金も実家の助けもなく母ひとりで子育てをすることの難しさは、「女性の貧困」が取り上げられるようになった近年、広く知られている通りです。

 ナナオは漫画とアルバイトで食いつなぐ生活を長らく送っていたようです。年収は200万円以下。当然ながら金銭的な余裕はありません。ナナオは「子どもが産まれるまでに貯金100万円」を目指して、各種公的扶助の利用はもちろん、アルバイト先での食品廃棄物の持ち帰りをはじめとしたさまざまな節約生活を駆使して奮闘します。インターネットや相談制度を利用していくつかの社会保障制度に申請しようとするものの、中途半端に所得があるためになかなか満額で利用することができません。漫画ではスキップされていますが、書類を揃えたり窓口に出向いたりなど、いろいろ手間がかかっただろうと思われます。

 社会福祉制度にはいくつかの側面があります。まず「お金を稼げる人」から税金を徴収して「お金を稼げない人」に渡すという再配分の機能は欠かすことができない前提です。これが正常に機能しているために、仮に働いていなくても子どもを持つ親が、社会福祉制度を利用して、貧困に陥らずに生活ができる国は少なくありません。

 OECDの調査によれば、それぞれ福祉のスタイルが異なるアメリカ、フランス、フィンランドでは、働いているひとり親家庭の方が働いていない場合よりもはるかに貧困率が低いという共通点があります。ところが、日本の場合は逆で、働いている方が貧困率が高いという数字になっています。日本の再分配機能は働いているほうが割を食うといういびつな構造になっているわけです。

 ナナオに限らず、「子どもが欲しい」という希望に対して、計画性や経済性を理由に待ったをかけるのは実にたやすいことです。「教育費を準備していないのは無責任」「高齢だと妊娠しにくくなる」「相手を見極めて結婚するのが先」「仕事が安定してからにしろ」「職場に迷惑をかけてはならない」などなど、出産のタイミングを糾弾する考え方はいくらでもあるため、「産んでも良い」時期など実際にはとっくに無くなっているのが日本の現状なのではないかと思います。それを承知の上で、とにかく子どもを持つと決めたばかりでなく、「ビンボー人はあくせく働くより他ない」と言いながら、医師と相談し、スケジュールを組み、アルバイトに励むナナオの姿は大変立派なものです。しかしだからこそ、国内の社会制度のいびつさを指摘せずにはいられません。

多様な「女性の生き方」が出始めている

 経済状況や世間体にとらわれないで、子どもを持ちたいと思った相手と自分が決めたタイミングで子どもを持ちたい。人として当然の選択を当たり前に実践することが現在の日本でいかに困難なのかという事実を本作は突きつけています。しかし本作の論点からさらに一歩踏み込んで、「子どもを持つ」のは人生においてそこまで重要なことなのか? という点にも目配せしておきたいとも思います。

 ちょうどタイミングよく、「どんなに仕事ができたとしても、30代以上・未婚・子ナシは女としては負け犬だ」との提言で話題となった『負け犬の遠吠え』(講談社)の筆者である酒井順子さんが『子の無い人生』(KADOKAWA)というエッセイ集をつい先日出版されました。酒井さんは子どもがいない人生について「一種の清々しさが伴う」と論じます。「年をとったら子に頼り、死んでからも子孫から大切に祀られる」と信じる伝統的家族観は、それにすがることで老いや加齢に向き合うことができるという反面、人によっては負担にもなり得ると酒井さんは言います。

 酒井さんと同い年である小泉今日子さんが、伊吹有喜さんの『四十九日のレシピ』(ポプラ社)の書評で「やり残したことがあるとしたら自分の子供を持つことだ」と語ったり、山口智子さんが「FRaU 3月号」(講談社)でのインタビューで子どもを持たなかったことについて「一片の後悔もない」としたうえで選択肢の多様性についてコメントするなど、女性と出産について多様な選択肢を実践する先駆者がようやく出始めました。なによりも大切なのは、お互いの選択を尊重するだけでなく無理のない人生を誰もが送ることができる社会を作ることでしょう。しかし社会が整うのをただ待っている訳にはいきません。自分の特性を見つめて個人的な決断をくだす勇気の大切さを、本作は示してくれているように思います。

(下記サイトより)

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0302/mes_160302_2637629827.html

3
ページトップへ